FC2ブログ
石井ひでたけ活動日記 (blog)
兵庫県議会議員「石井ひでたけ」の活動ブログです
山の天気が変わりやすいことは、身をもってわかっていたつもりでしたが油断していました。

焼岳を午前11時前に下山し、乗鞍高原バスセンター正午発の畳平行に乗車。午後1時前に乗鞍岳目指して登山開始。バスを利用して畳平から乗鞍岳を目指せば、コースタイムは90分!(なんと3000メートルの山に1時間半で登れます。往復しても3時間かかりません。)過去の経験から高山病にかからず、うまく歩ければ2時間以内で往復できると同行メンバーには言って2時間おきに運行している下山バスの午後3時5分(次の便は午後5時5分。その場合、宿泊ホテルには午後7時過ぎにチェックインすることに。)に乗車できるように頑張ろう!と登ったのですが、突然山頂直下で雷と雹が降り出し、私自身は身の危険を感じて引き返しました。しばらくすると天気も落ち着いてきたので、無理をすれば登頂できていたかもしれませんが、登山経験者とすれば万一の判断ミスは命取りになるので先行していたメンバー2人が山頂小屋で待機していることが確認できたので、急いで下山。すでに肩の小屋に避難していた3人と合流し、天気が落ち着いてきたので予定していた午後3時5分のバスに乗車しました。強い雨に15分程打たれたので、身体が冷え切ってしまい、いまバスの中でガタガタ震えています。
先行して登っていた健脚の2人は嵐が治まるまで山頂小屋でコーヒーを飲む余裕があったようで、頂上で写真撮影をしてから30分程で走って下山してきました。私ともう一人は過去に乗鞍岳に登頂しているので、それほど悔いはないのですが、今回登頂できなかった2人には申し訳なかったです。
(バスの車窓からですが、自転車で登ってくるヒルクライマーが結構います)



この時期おすすめは「ご来光バス」。但し、今年は7月豪雨の影響で「ご来光バス」は運行していません。
私は過去2回午前3時30分頃?に乗車して山頂直下でご来光を見てから登頂したことがあります。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック