FC2ブログ
石井ひでたけ活動日記 (blog)
兵庫県議会議員「石井ひでたけ」の活動ブログです
今日は令和3年度の会派新執行部でのスタートの日でした。
午前11時からの総会に先立ち、午前10時から新旧幹事団での引継ぎの幹事会を開催。その場で幹事長から団長の留任を総会に諮りたい旨を伝えられ承諾。
総会までの間の時間を利用して第4回の知事擁立検討委員会を開催。第3回時に委員会として、出馬の意向を周辺に匂わしている泉明石市長に対する検討は除外することを確認していたにもかかわらず、週末にあたかも我が会派も検討しているかのような誤解を与える報道が流され、その対応に今日は時間を割かれるものと思っていましたが、昨夜に出馬しない記者会見を今日の午前中に行うとの一報が入り、梯子を外された委員からは特に発言もなかったので、委員会の委員長として、いつまでも知事選に対する会派態度を慎重に検討する状態では、県民に再び誤解を与えかねない懸念もあり、会派としての支援の方向性を総会に諮ることで了承を取り付けました。
その後、3月31日に兵庫県知事に立候補表明している斎藤元彦さんが議員団総会の冒頭に挨拶に。3月24日に退任の挨拶に来られた金澤前副知事の時に私が受けた印象(おそらく会派メンバーの大部分が受けた印象)と今日の斎藤さんから感じ取れた印象では明らかな差を感じました。
総会が始まり、議会事務局の新幹部職員の紹介のあと、新幹事団人事について先日の幹事長選挙で当選し再選した上野幹事長から提案があり、異議なく総会において了承され、私の団長再任の確定しました。その後、総会の報告事項や協議事項等を進める中で一般質問の1年間の大方の会派メンバーの登壇予定を決めることになり、私は昨年の9月定例県議会で登壇したので、もう少しあけてほしかったのですが、6月定例県議会の一般質問会派割り振り人数は1名で誰も手が挙がらなかったので、井戸県政最後の本会議に会派団長として登壇することになりました。
本日予定していた総会項目を終了後、知事擁立検討委員会の報告と会派としての支援の方向性を提案。いろんな意見が出ました。それも踏まえて会派としての一定の支援の方向性を打ち出すことで了解を得ました。

午後2時からもともと予定していた新幹事団発表の記者会に。
記者の関心ごとは県議会第二会派の令和3年度の執行部体制ではなく、知事選への会派対応に集中。この件に関しては私一人で対応することにし40分程テレビも入った会見席で対応いたしました。内容についてはすでにネットニュースにも流れているようですし、夕方のテレビでも放映されるように聞いています。
会見後、控室に戻ってくると早速会派メンバーに反響があったようで、メンバー一人ひとりにもかなりのプレッシャーをかけることになってしまいましたが、そこの対応は各々に任せるものの、責任は私がとる覚悟で臨みます。


齋藤元彦氏より県政への抱負を限られた時間で語っていただきました。その後の質疑にも適切に応えていました。
NHKのネットニュースでも流れています。


追記を閉じる▲
NHKのネットニュースでも流れています。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック